入学式が明るく楽しい式典であるのに対し、卒業式は学業の修業の式典であるとともに、友とのお別れの日でもあります。
服装も、入学式が明るい色であるのに対し、黒や紺色、グレーなどの暗めの色を着用します。

・女の子の服装
卒業式で着る服装は、カジュアルではなく、フォーマルです。
お別れの式典でもあるので、キチッとしたフォーマルまたはセミフォーマルの服装にしましょう。
人気は、ワンピースにジャケットを羽織る服装が多いようです。
色は、紺色などが定番です。
他に、スーツタイプですが、近年では、ショートパンツと合わせるパンツスーツも人気です。
こちらは、少し大人っぽく見える服装です。
そして、礼服を意識させるのなら、スカートスーツです。
ストライプのスカートに白のジャケットなども落ち着いた雰囲気になります。

・男の子の服装
基本はスーツまたはブレザーです。
色は紺色が多く見られます。
ブレザーでは、紺色のブレザーにグレーのパンツやベージュのパンツを組み合わせるのが定番です。
もし、ダブルのブレザーでしたらヨーロピアンにグレーのパンツが似合います。

・お母さんの服装
やはりスーツです。
色は紺色やグレーの落ち着いた色を選びましょう。
入学式と違って、派手なフリルのブラウスなどは控えましょう。
アクセサリーやバッグなども、落ち着いた色やデザインのものを選びましょう。
和服の場合は、略礼ですので訪問着となります。
おすすめはブルーやグレー、紫などです。
なお、ご両親が出席されるときは、お父さんが洋装でしたら、お母さんも洋装になります。

・お父さんの服装
普段着ているスーツやジャケットでかまいません。
色は、紺色やダークグレーなどの落ち着いた色が良いでしょう。
男性は、特別なコードが無い限り、ビジネススーツでかまいません。