入学式は、新しい門出です。
特に小学校の入学式は、初めて学校に入る記念行事です。
制服のある学校でしたら、入学式も制服ですので問題ありませんが、制服のない学校でしたら、入学式の子どもの服装にとても悩みます。
そして、付き添いの親の服装も。
しかし、気合いを入れすぎて、親子共々、派手すぎる服装になることは気をつけましょう。
なお、特別に入学式用の服を用意しようとしても、子どもはすぐに大きくなって着られなくなることを気にするのでしたら、レンタルをおすすめします。

・女の子の服装
やはり、記念のときですので、かわいくお洒落させてあげたいものです。
基本は明るい色のワンピースです。
薄いピンクやブルーのワンピースに白のボレロなどを羽織ると、とても上品に見えます。
また、紺色のブレザーにスカートも人気です。
小物としては、胸元にリボンを飾ったり、髪にかわいい髪飾りをつけると良いでしょう。
しかし、注意しなければならないのは、派手になりすぎないことです。
まるでお姫様のようなドレスや、派手なショッキングピンクなどは、ひんしゅくを買うだけです。

・男の子の服装
男の子は、やはりスーツですね。
色は紺色かグレーが多いようです。
ズボンの丈は、昔は半ズボンですが、近年は七分丈が主流です。
あとはネクタイとポケットチーフを揃えれば、立派な紳士になります。

・お母さんの服装
基本はスーツです。
そして、入学式はおめでたい行事ですので、明るめの色のスーツにしましょう。
そして、子どもに合わせて、並んだときにあまり浮いた色使いにならないようにしましょう。
アクセサリーは控えめに。
あまりキラキラせずに、渋い色のものを身につけましょう。
なお、スカート丈は、あまり短くならないようにしましょう。
椅子に座るときに、ちょっと困ることになりかねません。

・お父さんの服装
やはり、多いのはスーツです。
普段着ているビジネススーツでかまいません。
色は紺やグレーのような落ち着いた色が良いでしょう。