初節句とは、子どもが生まれてから初めて迎える節句のことです。
女の子は3月3日、男の子は5月5日となります。
初節句は、女の子ならひな人形を、男の子なら鯉のぼりや鎧兜を飾ります。

基本的には自宅でお料理を用意してお祝いをしますが、近年では神社にお参りを行い、氏神様に成長を報告し、祝詞をあげていただき、記念撮影をするのがはやってきました。
特に、初節句なら記念写真を残しておきたいものですので、きちんとした服装でお参りをしましょう。

・女の子の服装
基本的に和服です。
ドレスでもかまいませんが、女の子は和服が多いようです。
初節句では、お宮参りのときの和服があれば、そのまま使用したりします。
女の子で人気なのが赤色の一つ身着物です。
一つ身着物とは、赤ちゃんから2歳くらいまでの幼児用の和服で、帯がなくて、付け紐で結ぶタイプです。

・男の子の服装
男の子は和服もありますが、スーツのような洋服もあります。
和服では、袴風のロンパースが手軽で、上に陣羽織を着せるだけで本格的になります。

・お母さんの服装
お母さんは、和服を着られる方もいらっしゃいますが、子どもが動き回るようになっているときは、ワンピースやカラースーツが多いようです。
生まれて間もないときは、お宮参りと同じ着物で良いですが、和服はどうしても動きが悪くなりがちなので、子どもの成長に合わせて洋装を選ばれているようです。

・お父さんの服装
お父さんは、スーツまたはジャケットで、普段着でなければかまいません。

・初節句の兜や人形のレンタル
最近では、節句に飾る鎧兜や五月人形、ひな人形もレンタルができます。
購入すると保管も大変ですし、金額も大変なことになります。
レンタルですと、保管の必要はありませんし、購入するよりは安くすみます。
もし、購入を悩まれた方は、レンタルを検討しても良いかもしれません。