どんなときに、どうしてレンタルするのか。
ここでは、ドレスや和服をレンタルするメリットを検証してみましょう。

・購入するよりも安く借りられます。
一番のメリットは出費です。
当然、購入するよりもレンタルの方が安くすみます。
バッグなどの小物を入れても、断然お得です。

・会場やパーティーに合わせて、ドレスを替えられる。
結婚式は会場も様々です。
教会や披露宴会場、レストランでの挙式などと、ドレスを揃えるのも大変です。。
レンタルでしたら、場所の雰囲気やお店の食事に合わせて、ドレスを選ぶことができます。

・出席者に同じメンバーがいても、違うドレスを選べる。
いつも同じドレスと思われたくないけど、ドレスをそろえるのは大変です。
レンタルでしたら、毎回ドレスを替えることもできます。

・新しいドレスへの挑戦ができる。
今までのドレスとは違ったデザインや色を着てみたいが、失敗したらもったいないし、そろえるのは大変です。
もし失敗したらと考えると、なかなか行動に移せません。
レンタルでしたら、バッグや小物までを揃えて借りることができます。

・体型が変わっても、そのときのサイズを借りるだけ。
何年かたつと体型が変わり、以前に買ったドレスがきつくなったりします。
レンタルでしたら、そのときの体型に合わせて、サイズやデザインを選ぶことができます。
特に、子どもはすぐに大きくなりますので、レンタルが最適です。

・いつも最新のデザインが着られる。
デザインの流行は絶えず変わるものです。
レンタルでしたら、いつでも最新デザインのドレスを着ることができます。

・今後のことを考えると、ドレスの新調はもったいない。
持っているドレスのデザインが古くなったけど、あと何回くらい着るのかわからなかったり、もう結婚式の参列もないかなと思うときは、新しいドレスは買いたくないものです。
レンタルでしたら、1回だけでも大丈夫です。

・着たあとのお手入れや保管が面倒くさい。
フリルやレースがついたドレスや和服はクリーニング代がけっこう高いものです。
そして、保管するときもシワや虫食いに気を遣います
レンタルでしたら、基本的にクリーニング不要で返却できますし、保管する必要が無いので、「タンスの肥やし」は増えません。

このように、レンタルにはメリットが沢山あります。
披露宴やパーティーの出席が多い方は、検討してみるのも良いと思います。

結婚式の披露宴や二次会、色々な祝賀パーティーなど、ドレスを着て出席する機会も多いものです。
そんなとき、レンタルドレスをうまく使って、楽しんでみてはいかがでしょうか。

・結婚式の披露宴
やはり、花嫁さんの次に主役になりたいものです。
でも、同じ年頃のグループですと、結婚式が続いたりします。
毎回同じドレスではちょっと恥ずかしいし、かといって何着も買うのは色々と大変です。

・結婚式の二次会
披露宴以上に、二次会の出席も多いものです。
こんなときこそ、レンタルドレスをおすすめします。
二次会は会場も様々で、その会場に合わせたドレスを揃えるのも無理な話です。
でも、レンタルドレスなら、その都度、ドレスを替えることができます。
また、披露宴と同時に呼ばれているときは、1回のレンタルで両方とも出席できます。
もし、別々のドレスで参加したいと思ったら、割引で2着借りられるかもしれません。

・同窓会
昔の仲間と会う同窓会。
ラフな服装の場合もありますが、ちょっとお洒落をして出席したいときもあります。
年齢や集まる人に合わせて、レンタルで決めてみましょう。

・入学式や卒業式
最近は、入学式や卒業式も華やかになってきていますし、みんなお揃いの服を着たがるかもしれません。
こんなときは、レンタルドレスです。
そして、本人のドレス以外に、両親も何を着ていこうかと悩みの種です。
フォーマルやセミフォーマルの1着だけよりも、レンタルでそのときの流行、そのときの季節にあったドレスをレンタルしましょう。

・七五三などのお宮参り
子どもの行事も、けっこうあるものです。
お宮参りは和服が多いものですが、あまり着ない和服を揃えておくのも無駄な気がします。
子どもの着物、親の着物など、着付けも含めてレンタルを活用しましょう。

このほかにも、色々な機会があるかと思います。
参加の多い方も、少ない方も、是非、レンタルドレスを検討してみてください。

入学式が明るく楽しい式典であるのに対し、卒業式は学業の修業の式典であるとともに、友とのお別れの日でもあります。
服装も、入学式が明るい色であるのに対し、黒や紺色、グレーなどの暗めの色を着用します。

・女の子の服装
卒業式で着る服装は、カジュアルではなく、フォーマルです。
お別れの式典でもあるので、キチッとしたフォーマルまたはセミフォーマルの服装にしましょう。
人気は、ワンピースにジャケットを羽織る服装が多いようです。
色は、紺色などが定番です。
他に、スーツタイプですが、近年では、ショートパンツと合わせるパンツスーツも人気です。
こちらは、少し大人っぽく見える服装です。
そして、礼服を意識させるのなら、スカートスーツです。
ストライプのスカートに白のジャケットなども落ち着いた雰囲気になります。

・男の子の服装
基本はスーツまたはブレザーです。
色は紺色が多く見られます。
ブレザーでは、紺色のブレザーにグレーのパンツやベージュのパンツを組み合わせるのが定番です。
もし、ダブルのブレザーでしたらヨーロピアンにグレーのパンツが似合います。

・お母さんの服装
やはりスーツです。
色は紺色やグレーの落ち着いた色を選びましょう。
入学式と違って、派手なフリルのブラウスなどは控えましょう。
アクセサリーやバッグなども、落ち着いた色やデザインのものを選びましょう。
和服の場合は、略礼ですので訪問着となります。
おすすめはブルーやグレー、紫などです。
なお、ご両親が出席されるときは、お父さんが洋装でしたら、お母さんも洋装になります。

・お父さんの服装
普段着ているスーツやジャケットでかまいません。
色は、紺色やダークグレーなどの落ち着いた色が良いでしょう。
男性は、特別なコードが無い限り、ビジネススーツでかまいません。

ウェディングドレスは、一生に一度だから買うのはもったいない。
お値段もけっこうするし。
そう思われる方が多いのか、レンタルされる方が多いですね。

でも、ウェディングドレスだけではなく、結婚式に招待されたときに着ていくドレス。パーティーにはどんなドレスを着ていこうかなど、意外と着ていくドレスに悩むことが多いものです。
また、そのとき持っていくバッグやアクセサリーなど。小物のことも考えるとさらに悩みますよね。

もし、ご自分でドレスからバッグまでそろえるとなると、出費も大変ですし、保管も大変なものです。
そんなときは、是非、気軽にレンタルすることを考えてみてください。

レンタルでは、デザインは豊富だが、ご自分に合ったサイズが無いのではとの不安もあるかもしれません。
しかし、最近では、オーダーメイドでつくったように、ピッタリとフィットするドレスを借りることができます。

それと、気になるのがレンタル代でしょう。
確かに、ウェディングドレスは、レンタル代も高価ですが、パーティー用のドレスでしたら、かなりリーズナブルな料金で借りることができます。
パーティーに着ていくドレスを一着で着回すのも経済的ですが、出席者に同じメンバーがいると、やはり気になりますよね。
そして、場所や食事などよって、雰囲気を変えてみたいと思いませんか。
そんなときは、ドレスや和服をレンタルしてみましょう。

もう一つの心配は、レンタルの方法です。
ウェディングドレスのレンタルで多いのは、式場でまとめてレンタルしてもらう方法です。
でも、式場にあるドレスや契約しているショップは比較的一般的で、サイズ変更などが容易にできるタイプのドレスが多いかもしれません。
もし、お気に入りのドレスが見つからなかったときは、専門のレンタルショップで借りることもできます。
レンタルショップはネットでも検索ができますので、お近くのお店を探してご相談ください。

 

入学式は、新しい門出です。
特に小学校の入学式は、初めて学校に入る記念行事です。
制服のある学校でしたら、入学式も制服ですので問題ありませんが、制服のない学校でしたら、入学式の子どもの服装にとても悩みます。
そして、付き添いの親の服装も。
しかし、気合いを入れすぎて、親子共々、派手すぎる服装になることは気をつけましょう。
なお、特別に入学式用の服を用意しようとしても、子どもはすぐに大きくなって着られなくなることを気にするのでしたら、レンタルをおすすめします。

・女の子の服装
やはり、記念のときですので、かわいくお洒落させてあげたいものです。
基本は明るい色のワンピースです。
薄いピンクやブルーのワンピースに白のボレロなどを羽織ると、とても上品に見えます。
また、紺色のブレザーにスカートも人気です。
小物としては、胸元にリボンを飾ったり、髪にかわいい髪飾りをつけると良いでしょう。
しかし、注意しなければならないのは、派手になりすぎないことです。
まるでお姫様のようなドレスや、派手なショッキングピンクなどは、ひんしゅくを買うだけです。

・男の子の服装
男の子は、やはりスーツですね。
色は紺色かグレーが多いようです。
ズボンの丈は、昔は半ズボンですが、近年は七分丈が主流です。
あとはネクタイとポケットチーフを揃えれば、立派な紳士になります。

・お母さんの服装
基本はスーツです。
そして、入学式はおめでたい行事ですので、明るめの色のスーツにしましょう。
そして、子どもに合わせて、並んだときにあまり浮いた色使いにならないようにしましょう。
アクセサリーは控えめに。
あまりキラキラせずに、渋い色のものを身につけましょう。
なお、スカート丈は、あまり短くならないようにしましょう。
椅子に座るときに、ちょっと困ることになりかねません。

・お父さんの服装
やはり、多いのはスーツです。
普段着ているビジネススーツでかまいません。
色は紺やグレーのような落ち着いた色が良いでしょう。