子どものお祝い事、行事など、子どもと一緒にお出かけする機会も多いものです。
しかも、初めてのことが多く、何を着ていこうかと悩まれると思います。
ここでは、主な行事のときに着る服装について、お話しします。
なお、親子で着る服装選びも大変ですが、子どもはすぐに大きくなりますので、親子でレンタルされるのがおすすめです。
特に、和服は着付けもしてもらえるので、とても便利です。

 

 

 お宮参り

生後30日頃に行います。
生まれた土地の氏神様に、赤ちゃんの誕生を報告し、今後の健康と成長をお願いするためにお参りします。
お宮参りに一緒に行かれる方は、赤ちゃんとご両親、両祖父母です。
もし、祖父母が遠方の場合は、ご両親とだけでもかまいません。                        

・赤ちゃんの服装
正式には白羽二重(しろはぶたえ)の産着に紋付きの祝い着を着せます。
しかし、最近ではベビードレスの上に、洋装ではケーブなどを、和装では着物をかけるのが多いようです。
お母様が和装の場合は、赤ちゃんも和装になります。
和装では、男の子は兜や鷹などの絵柄の熨斗目模様で、色は黒または紺地に白を加えたものが多いよう
女の子は花車や御所車、桜の花などの絵柄の友禅模様で、色はピンクや赤が人気です。

・お母さんの服装
母親も基本的に正装ですが、最近では略装のワンピースでもかまわないようです。
洋装では、フォーマルまたはセミフォーマルのワンピースやスーツが良いでしょう。
和装では、昔は黒留袖と言われていましたが、最近では訪問着でもかまいません。

・お父さんの服装
父親は、基本的にスーツです。
あまり派手でない色合いのスーツで大丈夫です。

なお、お参りの後に記念写真を撮られる方は、フォトスタジオのレンタル衣装付きをお願いすると便利です。おすすめのレンタルドレスはプチラパンが有名です。

また、お宮参りにふさわしくない服装に気をつけましょう。
・露出が多すぎる衣装は控えましょう。
胸元が大きく開いたドレスや極端なミニスカートはダメです。
お参りは、神様に報告とお願いをする場です。くれぐれも失礼の無い服装を考えましょう。

・カジュアルすぎる服装は控えましょう
服装に決まりはありませんが、赤ちゃんの記念日ですので、それなりの服装を心がけましょう。
さすがにTシャツにデニム、スニーカーやサンダルはやめましょう。

・派手すぎる服装は控えましょう
主役は赤ちゃんです。
あまりにも派手な色のドレスなどは、場違い感がでて、恥ずかしい思いをします。
引き続き記念撮影をする場合でも、程度を考えましょう。

・かかとの高い靴は控えましょう
神社は石畳があったり、砂利が敷いてあったりします。
特に、濡れていると滑りやすくなります。
かかとの高いパンプスは転ぶなどの危険性がありますので、気をつけましょう。